のぼりをつくってみませんか?

バイク引取り

のぼり旗キャンペーン中印刷技術の進化で布素材にも使用に耐えるカラー印刷が
出来るようになりました。

街中では写真やイラスト、グラデーションなど複雑なデザインの
カラフルなのぼり旗を目にします。

キャッチフレーズとリアルな画像を連動させることで、人の視覚に訴え、
想像性を強力に刺激し、効果的に宣伝することができます。

たとえば飲食店メニューのシズル感は、写真ならではの
表現といえるでしょう。

カラー印刷の方法にも様々ありますが、写真を取り入れたのぼり旗なら
フルカラー印刷がおすすめです。

フルカラー印刷

色数に制限がなく、写真も細部に至るまで
鮮やかに表現することができます。

小ロットの発注でもリーズナブルで、メニューの入れ替えを
頻繁に行いたい場合や、季節ごとに変化を持たせたい時などに
適した方法と言えるでしょう。

製版の必要が無いため、急ぎの場合でも比較的対応してもらえるという
メリットもあります。

ただし、大量発注する場合、シルクスクリーンよりも
費用がかさむ傾向にあります。

のぼりのデザイン

ショップの価格表でチェックしてみましょう。
使用目的やシーンを想像しながらデザインすることも大切です。


デザイン   告知   設置場所   フルカラー   集客   納期   ネットショップ   耐水性   おすすめ   注文枚数