のぼりをつくってみませんか?

告知

のぼり旗の効果お知らせを掲示する方法もありますが、期限内に来店しないお客さんは
お知らせの内容を知ることができません。

会員募集のお店でも、すべてのお客さんが会員登録しているとは限らず、
郵送などでのお知らせには限界がある場合もあります。のぼり旗を安く購入するには

また、郵送にかかるお知らせの印刷物の製作費用や
発送費用がかかるばかりか、発送までに多くの手間が
かかることもあります。

そのため、来店しないお客さんにもお知らせする方法として
のぼり旗を使う方法があります。

のぼり旗なら、店内にまで足を運ばなくても、店の前を通るだけで
お知らせの内容を知ることができます。

前を通る

看板を使う方法もありますが、製作費用が高額になったり
設置や撤去にも手間がかかることがあります。

それに比べてのぼり旗の場合は、製作費用も看板に比べて
安価であったり、設置や撤去の手間もさほどかからず便利です。

営業時間の変更をわかりやすく伝える

新型コロナウイルスの影響で、多くのお店が営業時間を変更しています。
すでに営業短縮しているお店もありますし、これからと言うこともあるでしょう。

これ以上の感染を拡大するわけにもいきませんし、そのためにも営業時間を短くすることが大事です。
常連客であれば、何時から何時まで営業しているのかが頭の中に入っています。

早く行きたい常連客もいれば、閉店時間が何時までだと知っているから
いつまでに行けば良いのかが頭の中に入っていることもあるはずです。

しかし、今では営業短縮しているのでそう言うわけにはいかなくなります。
のぼり旗はとても目立ちますので、置いてあるだけでも目に入ります。

これを使って1人でも多くの人に営業時間を知らせると良いでしょう。
たまたま近くを通った常連客がのぼりを見て、それをSNSに上げてくれることがあるかもしれません。

そうすると、一気に拡散されます。 ここまでのことが起こらなかったとしても、
のぼり旗を使うと近くにいる人たちにアピールできますので効果的です。

今では、ネットを使うこともできますからネットとセットで活用してみませんか。
たまたまお店の前を通った人のことまで考えるととても良い方法です。

早く閉店することを伝えよう

特に新型コロナウイルスは飲食店の営業短縮が求められていますので、
なんとなく常連客も早くお店が閉まることはわかっているかもしれません。

もちろん、常連客ではなくてもそうでしょう。
ただ、はっきりと何時までに閉まるのかを知っている方が良いですし、のぼり旗を使って
開店時間だけではなく閉店時間も知らせませんか。

特に、お酒を提供する飲食店はきちんと営業時間を知って欲しいと思うかもしれません。
本当であれば、もっと長くお店を開けたいところですが、みんなで協力して新型コロナウイルスを
抑えなくてはなりませんし、お客さんに理解してもらうためにものぼりをお店の前に出して
何時に閉店するのかはのぼりで伝えておいた方が良いのかもしれません。

もっと長く営業していると思ったら、もう閉まってしまうとお客さんをがっかりさせないようにするためにも、
わかりやすく営業短縮を知らせてみてください。わかりやすく営業時間を知らせておけば、
お客さんも前もって何時までに行けば良いのかがわかっていますしがっかりすることもなくなるはずです。

一人一人が協力しなくては行けない時ですし、営業短縮をする際には、のぼり旗を使いましょう。

HOME   のぼり旗のデザイン   告知   のぼり旗の設置場所   フルカラーのぼり旗   集客のためにのぼり旗を使う   のぼり旗の納期   ネットショップ   耐水性のぼり旗   おすすめのぼり旗   のぼり旗の注文枚数   サイズとコスト   メリット   のぼりの専門家   カラーのぼり旗印刷   のぼり旗配置の考え方   テトロンポンジが一般的   ガソリンスタンド   伝わりやすいのぼり旗   値段の違い   信頼できる京都のれん   のぼり旗ネット   のぼりで呼びかけ   サイトマップ