のぼりをつくってみませんか?

設置方法

のぼり旗の効果のぼり旗はお店のいち押しの商品やキャンペーンの告知などを、
歩いている人や車を運転している人から認識してもらう用途があります。

置き方としては大きな通りなどに面した道路へ設置して、
通行の妨げにならないよく目立つ場所へおきます。

のぼり旗は見る人に、お店のイメージを印象づけるので
漫然と並べて置くのではなく、工夫が必要です。

配色

そうすると見た人へ伝わる内容も違ってきます。
短時間で人が認識できる情報には限りがあるので、
伝えたいポイントによって配置や配色を変えることが大切です。伝えたいこと

情報を沢山詰め込み過ぎず、伝えたいポイントに絞り込んで
1本だけ違うのぼり旗を置くのも効果があります。

また同系色で違う内容にしたり、同じ内容で色を変えてみるのも
インパクトがあります。

歩いている人やドライバーからのぼり旗の内容を認識し易いのが
一間(1メーター80センチ)間隔といわれます。

大型店ではお客様を迎えるように扇型に配置してみましょう。

目からの情報を強烈にするために、大き目の文字にすることや
フォントの強弱を使ってもよいでしょう。


HOME   のぼり旗のデザイン   告知   のぼり旗の設置場所   フルカラーのぼり旗   集客のためにのぼり旗を使う   のぼり旗の納期   ネットショップ   耐水性のぼり旗   おすすめのぼり旗   のぼり旗の注文枚数   サイズとコスト   メリット   のぼりの専門家   カラーのぼり旗印刷   のぼり旗配置の考え方   テトロンポンジが一般的   ガソリンスタンド   伝わりやすいのぼり旗   値段の違い   信頼できる京都のれん   のぼり旗ネット   のぼりで呼びかけ   サイトマップ