のぼりをつくってみませんか?

のぼり旗ネットには2種類の染め方があります

のぼり旗の効果京都のれんののぼり旗ネットでは、要望に応じてインクジェットプリントと
シルクスクリーン印刷という2種類の染め方に対応可能です。

染め方

このうちインクジェットプリントは家庭用のプリンターのように、のぼり旗の布地に
インクを吹き付けるようにして製作する方法となります。

この方法では製版の必要がないため、費用を安く抑えることが可能です。

また製版をしないため何色であれ値段が変わらない他、版がずれることがないため複雑な図柄も表現できます。

一方のシルクスクリーン印刷の場合、色数の分だけ製版するため色数が多くなるほど
価格も高くなりますが、のぼり旗を大量生産する場合であればインクジェットよりも割安になるというのが特徴です。

このため小ロットであればインクジェット、大量生産が必要な場合にはシルクスクリーン印刷がおすすめですが、
のぼり旗ネットではどちらの手法でも仕上がりに大きな差はありません。

シルクスクリーンでは、のぼり旗ネットでは職人が顔料を調合して作るためコーポレートカラーなど
微妙な色合いを表現したい場合にはこちらが向いています。

向いている

一枚の中に両面で違う内容を表現できるのぼり旗

のぼり旗ネットでは用途に合わせてそれぞれの印刷手法を行っている他、両面で別の柄になっているのぼり旗の製作も可能です。

一般的なのぼり旗に用いられるポリエステルポンジーという布地は軽くて取り扱いやすい一方で、
裏が透けてしまうため両面印刷には不向きとなっています。

一方で遮光ツイルや遮光スエード、遮光サテンという布地は白生地の間に
黒生地が挟まっている構造のため、両面印刷が可能です。

こののぼり旗は両面で違う柄にすることでより多くの情報を盛り込めますが、同じ柄にした場合には
表と裏どちら側から見ても宣伝内容が反転せずしっかりと見えるようになります。

加えて文字が同じであっても、それぞれの面で色を変えることで更に人目を引くようにすることも可能です。

この時に表と裏の色味を反対色にすることで、よりインパクトが強められるようになります。
より1本ののぼり旗で多くのメッセージをメッセージを伝えたい場合や、より効果的に人目を引きたい場合にこの手法はおすすめです。


デザイン   告知   設置場所   フルカラー   集客   納期   ネットショップ   耐水性   おすすめ   注文枚数   のぼり旗ネット