のぼりをつくってみませんか?

多くのお客さんに注意喚起を

のぼり旗の効果今の時代、接客業はとても大変です。人と接することをなるべく避けた方が良いと言われていますが、
接客業の場合はこれでは困ります。お客さんの方もお店を利用しないと生活に困るはずです。
一人一人が協力することがとても大事な時です。ただ、一部のお客さんが協力を嫌がることも考えられます。

こう言う時は、とても目立つのぼり旗を利用して新型コロナの感染予防対策をアピールすると良いです。
店頭に何本か設置すると良いかもしれません。1本でもわかりやすく目立つ場所に置いておけば、
十分に効果が期待できます。

目立つ場所に設置する

ついアルコール消毒などを忘れてしまう人だっているはずです。そう言う人もお店に入ろうとした時に、
のぼり旗に気がついてアルコール消毒をしたり、マスクをしていなかったらマスクをしてから入店するなどしてくれるかもしれません。

目立つことがとても大事なポイントです。設置する場所をあまり取らない上に、それほど費用が高くはないけれど
多くの人が見てくれるので、こう言う時にのぼり旗が大活躍してくれるでしょう。お客さんには来て欲しいけれど、
クラスターが発生しては困ると思っているはずです。そう思ったら、早速のぼり旗を作ってみてください。

人が言うよりも効果が期待できる

お店のスタッフがお客さんへアルコール消毒をお願いしても構いません。マスクの着用を促すなどしても良いのですが、
飛沫感染や接触感染の危険性があると思いませんか。お客さんの方もあまりスタッフの近くに寄らないようにするかもしれません。

スタッフの人件費もカットできますし、新型コロナ対策のために、アルコール消毒やマスクの着用などの協力のお願いを
のぼり旗で呼びかけると良いです。これなら、飛沫感染や接触感染のリスクも小さくなります。のぼりで予防の呼びかけ

人に言われるとそれがストレスになってしまうお客さんがいるかもしれません。トラブルが起こるようなことがないようにしましょう。
のぼり旗を使えば、あまりストレスにはならなくて済むはずです。飛沫感染や接触感染のリスクも下がるので、
より多くのお客さんが足を運ぶ可能性もあります。

マスク越しに話しかけても聞こえにくいこともありますので、のぼり旗でわかりやすく感染予防対策の
協力のお願いを呼びかける方が理解されるでしょう。設置する場所も大事なポイントですが、デザインももちろん大事です。

わかりやすくアピールできるデザインを考えた上で作ってみませんか。何本設置するのかも考えてみてください。


HOME   のぼり旗のデザイン   告知   のぼり旗の設置場所   フルカラーのぼり旗   集客のためにのぼり旗を使う   のぼり旗の納期   ネットショップ   耐水性のぼり旗   おすすめのぼり旗   のぼり旗の注文枚数   サイズとコスト   メリット   のぼりの専門家   カラーのぼり旗印刷   のぼり旗配置の考え方   テトロンポンジが一般的   ガソリンスタンド   伝わりやすいのぼり旗   値段の違い   信頼できる京都のれん   のぼり旗ネット   のぼりで呼びかけ   サイトマップ